ソファのオーダーメイドの仕方を順をおってご紹介します

ソファーはリビングなどリラックスした場所に設置するもので、快適性のほかにもデザイン性が求められます。既製品のソファーもありますが、特殊性のある家具であるためオーダーメイドでの製作も盛んです。オーダーメイドソファを作るためには、専門業者に依頼することになりますが、多くは家具を製作している業者がオーダーメイドのソファーを作ってくれます。製作している業者でも国内の工場で生産しているところもあれば、コストを下げるために海外で生産しているところもあり業者選びが重要です。基本的な流れとしては、注文、設計、製作、到着の4つで注文から設計では1ヶ月程度かかりますし、製作には2ヶ月程度は必要です。このためオーダーメイドソファを手に入れるには最低でも3ヶ月程度は時間を見る必要があります。

オーダーメイドのソファーを作るためには

ソファーは、椅子に似た家具の一種で、後ろには背もたれ、左右には肘掛けがあり、また座面や背もたれなどがクッション性に富んだもので出来ているものです。ソファーは椅子とは異なり、リラックスした状態で座ることができるため、用途としては来客者や、また家人がリラックスするために座るために使われ、一般家庭ではリビングルームや応接間など、会社などでは応接室、また長時間滞在するような公共の場などで使用されています。一方で椅子としては比較的大型なものになりますし、またそのデザイン性も求められるため既製品のほかにもオーダーメイドでソファーを作るといったことも盛んに行われています。個人でもオーダーメイドソファを作ることは可能で専門の業者に依頼することでオリジナルのソファーを手に入れることができます。

オーダーメイドソファが届くまでの流れ

オーダーメイドソファを作っているのは、家具を製作している業者です。流れとしては注文、設計、製作、到着の4つです。注文の段階では、どのようなソファーを望んでいるのかを業者が聞き設計します。もちろん、発注者に設計の知識があればそれをもとに設計してくれます。また材質などにもこだわる場合には、この段階で決めておく必要がありますが、一般的なソファーであれば、表面はモケットで中身は発泡ウレタンが使われます。製作前に製作金額が提示され、場合によっては内金が必要になります。製作時間そのものは1ヶ月から2ヶ月程度ですが、オーダーメイドで作っているため混んでいる場合には遅れることもあります。完成すると残りの代金を渡して発送され納品されます。大型の家具であるため多くは専門の配送業者が届けることになります。